MENU

【M.R.M】吃音(どもり)改善プログラムを購入して完全レビューしていきます。

 

 

 

あなたは、ご自分の吃音・どもりが原因で

 

人間関係や仕事、恋愛などに大きな悩みを抱えていませんか・・・

 

 

 

■医学的に「74%」、ほぼ4人に3人に効果が認められた吃音改善法です。
※販売ページに書かれていない、その方法と根拠を、このサイトの中で明らかにしていきます。

 

ペンを持つ手

必要なものは「ペンとノート」だけ。

 

どんなに訓練や薬、セラピー、催眠療法を取り入れても

 

決して改善することが出来なかった重度の吃音も

 

1日わずか20分、6週間で克服できる方法があるとしたら…

 

 

 

【M.R.M】吃音(どもり)改善プログラムを購入してみました。
テキスト表紙 テキスト内容

 

 

中垣麻衣子

当サイトへのご訪問、ありがとうございます。
InfoPack Corp.の情報教材レビュアー・中垣麻衣子と申します。

 

当サイトでは、「吃音・どもり克服サークル」を主宰している中村しょうさんが公開し、
日本最大の電子書籍販売サイト「インフォトップ」で、長期間売り上げ1位を獲得している吃音教材
【M.R.M】吃音(どもり)改善プログラムを実際に購入し、
その内容と効果をできるかぎり詳しくご紹介していきます。

 

 

 

 

 

「この、吃音さえなければ・・・」

 

仕事も、学業も、人間関係も、恋愛も、もっと積極的に取り組んで
前向きな毎日が過ごせるはずなのに

 

● 「自分はきっと、どこかが異常なんだ」
● 「この吃音は、身体障害だから仕方ない」
● 「きっと、このどもりは一生治ることはないんだ」

 

と思い込んで誰にも悩みを相談することもできずに、一人でふさぎこんでしまっていませんか。

 

 

長期間、セラピーを受けたり、発語訓練を続けても全く改善できなかった重度の吃音も
わずか6週間で克服することを目的に公開されたプログラムが【M.R.M】吃音(どもり)改善プログラムです。

 

このプログラムが、あなたの吃音の悩みを克服し、
あなたが本来もっている能力や魅力を思い切り発揮できるキッカケとなるのか・・・

 

ご参考になれば幸いです。

 

 

 

このサイトだけの豪華な特典もご用意しています。

 

 

特典のご案内はこのページの最後にあります。ごゆっくりご覧下さい。

 

 

 

のちほどゆっくりご覧になりたい方は、下のボタンをクリックして「お気に入り登録」しておくと便利です。

 

 

 

 

教材の詳細をすぐ確認したい方はこちら⇒ 【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラム

 

 

 

【M.R.M】吃音(どもり)改善プログラムの概要

 

 

M.R.M監修者:中村祥(しょう)さんからのメッセージ

「今まさに、吃音人生にピリオドを打とうとしているあなたへ」

(公式サイトにあるものと同じ動画です。音声が出ます。音量にご注意ください)

 

 

中村しょう

【M.R.M】吃音(どもり)改善プログラムは、

 

自らが20年にわたって吃音に悩み、それを克服した経験を持つ
吃音改善プログラムコーチ、中村しょうさんが公開したものです。

 

中村さん自身が吃音・どもりを完全に克服した経験に基づいたこのプログラムは、

 

どんな薬・訓練・カウンセリングでも30年以上改善できなかった重度の吃音の方が、
1日20分×6週間で症状の改善を実感できたという、独自理論の吃音改善プログラムです。

 

 

あなたもこれまでに、
薬物療法や発語訓練などによる治療を続けてこられたかもしれません。

 

もちろん、こうした治療で一定の効果を得られる方もいるようですが、
あくまでも「対症療法」であり、根本の原因を取り除くものではないだけに
すぐに効果が薄れて、なかなか本当の解決にはつながらないケースが多いようです。

 

 

 

【薬物による治療】

薬剤

 

吃音に用いられる薬のほとんどは、「吃音専用」のものではなく
吃音に対する強い不安感や緊張状態を
「抗不安薬」や「抗うつ剤」で抑えこむ、という使い方がされています。

 

しかも、効果も確実性が低く、誰にでも効果があるというものでもありません。
一方で副作用の心配もあるので、続けていくことに不安を感じる方が多いのです。

 

 

M.R.M,MRM,吃音,どもり,中村しょう,中村祥,改善プログラム

 

【発語訓練】

 

訓練をすることによって、よけいに「どもってはいけない」という意識が強くなり
話すことへの恐怖心が強くなってしまっていませんか。
訓練は、自分が吃音であるという意識を、かえって強く植えつけてしまいます。

 

 

 

【カウンセリング】

医師

 

一時的に「気がラクになった」という方もいらっしゃるようですが、
効果は決して長続きしません。
職場などの社会生活に戻れば、すぐに元通りになってしまうことも。

 

また、吃音の経験がないカウンセラーにあれこれ言われることに違和感が強く、
とても素直には受け入れられない、という方も多いようです。

 

 

 

吃音改善への第一歩!

【M.R.M】吃音(どもり)改善プログラムは、こうした対症療法を一切使わずに

 

自宅で、自分ひとりだけで取り組むことができ
吃音・どもりの「根本的な原因」を取り除くことを目的としています。

 

 

必要なものは、1日20分程度の短い時間と筆記具だけ。

 

簡単なエクササイズを6週間続けていくプログラムです。

 

6週間には、各週ごとにテーマが設定されていて、
これを順番にクリアしていくだけですので
忙しくてなかなか時間が思うように取れないという方でも無理なく進めていける内容です。

 

 

「メンタルリハーサル法(MR法)」を活用した吃音改善法です。

 

【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラムの公式サイトには
このプログラムが「脳科学に基づいた吃音改善法」だと説明されていますが、

 

これをもう少し専門的な表現で言えば
「メンタルリハーサル法(MR法)」を活用した吃音改善法、ということになります。

 

メンタルリハーサル法とは、
ある場面をイメージして、想像の中で事前に練習し、治療や学習に役立てる方法。

 

発声発語障害学の専門家である目白大学の都筑澄夫教授が考案したもので
「どもるのではないかという恐怖を消して、リラックスした状態で話すことによって吃音を改善させる」
という方法です。

 

これまでの吃音の治療法は、呼吸法や話すリズム、
そして「ゆっくり話す」といった話し方教室のような技術の指導が中心でした。

 

でも、経験された方はお分かりだと思うのですが
こうした技術的な話し方の訓練には大きな欠点があります。

 

M.R.M,MRM,吃音,どもり,中村しょう,中村祥,改善プログラム

それは、技術的な訓練は、カウンセリングを受けている場所や自宅など、
自分になじみのある場所では効果を発揮してくれるのですが、
そうではない日常生活の中ではほとんどまったく役に立たない・・・ということです。

 

「カウンセリングの時はうまく話せるんだけどな」・・・という経験がありませんか?
こうした事例は多くの研究や実験などで明らかになっているんです。

 

ですから、現在の治療現場では
吃音を改善するためには「話し方の訓練」ではなく
「心理面」をどうコントロールしていくかが重要だと考えられています。

 

その意味で吃音に悩む方の「心理面」を重視しているのが「メンタルリハーサル法」なんですね。

 

実際に購入した【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラムのテキストには、
「吃音を治すには、吃音を忘れたところでの成長・変化しかない」と書かれています。

 

自分が吃音であることをいかに「忘れる」か、
ここに最大のテーマがあるんですね。

 

 

公式サイトはこちら⇒ 【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラム

 

 

 

では、次のページでプログラムの内容を詳しく見ていきます。

 

次のページヘ⇒ 【M.R.M】吃音(どもり)改善プログラムの内容と効果

 

 

 

 

当サイトだけの限定特典

 

このページを経由して【M.R.M】吃音(どもり)改善プログラムをお申し込みの方だけに

 

特別なプレゼントをご用意させていただきました。

 

 

特典セットの内容や特典のお受け取り方法はこちらでご確認下さい。

 

ご購入特典を確認する

 

 

お申し込みはこちらのボタンから公式サイトへ

 

【M.R.M】吃音(どもり)改善プログラムで6週間で吃音とお別れする

 

 

 

「特典のお渡し」に関するご注意

 

【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラムは、公式販売サイトへ初めてアクセスした時から
7日間(168時間)以内に購入する場合のみ、大幅に値引きされた期間限定価格が設定されています。

 

決済システムの関係上、当サイトからの上記特典は
この「期間限定価格」でご購入の方だけにしかお渡しすることが出来ません。

 

7日間を過ぎますと、
価格が通常価格になるとともに、当サイトの特典もお渡しできなくなりますのでご注意下さい

 

 

 

実践した方からのメッセージ。

 

当サイトより【M.R.M】吃音(どもり)改善プログラムをご購入いただいた
埼玉県のI.Y.様より感想のレポートをメールで頂戴いたしました。
ご本人のお許しをいただき、ここに掲載させていただきます。I.Y.様、ありがとうございます。

 

 

わたしは物心ついた頃から、吃音(きつおん)=どもりがありました。
どもりは男性に多いって言うけど関係ないですね。わたしは女だし。

 

頭文字が出なくて酸欠状態になったり、同じ文字ばかり連呼したり。
学校での発表とか、いつも笑われてた。
特に大嫌いだったのは自己紹介と電話応対。
年度初めの自己紹介とか、ほんと最悪だったな…。

 

吃音症とあがり症は紙一重な気がするけど、わたしはどっちもあるのかな、って思ってました。
人前に立つと脚が震えたり、言葉が震える。
顔もすぐ赤くなるし、もちろんどもるし。

 

吃音症ってのは、一応『言語障害』の一種と思い込んでいたけれど…
もちろん障害者手帳もないし、一般的にはあまり知られていないのがツラかったです。

 

なんでわたしはうまく喋れないんだろう…って考えて考えて、
でも答えが出なくてもがいてた時期があった。

 

実は、結婚して子どもができて、やっぱり気になって
もし、子どもにも吃音が出たらどうしよう、ってすごく不安になって。
幼児のどもりには、どもりが現れる遺伝子があるらしい、って知っていたから。
(※サイト管理者注 幼児のどもりも成長過程においてほぼ9割は消失すると言われています)

 

母子イラスト

だから、まず私が吃音を克服する経験をしたいと思って
たどり着いたのが、中村しょうさんのM.R.Mでした。

 

毎日少しずつ試してみて、本当にわかったのは
自分が吃音なのを忘れることはできるんだってこと。

 

治るというより本当に忘れてしまう感じでした。

 

すごく気がラクになって
「どもってうまく喋れなくても、気持ちは伝わる」って思えるようになって。

 

まだ完全にどもらなくなったわけじゃないけれど、
これまでとは全然違う気持ちで人に接したりできる。
だから、子どもの前でも笑顔でいられるって思えてます。

 

 

お申し込みはこちらのボタンから公式サイトへ

 

【M.R.M】吃音(どもり)改善プログラムで6週間で吃音とお別れする

 

 

ご購入者様の感想レポートやご購入前のご質問等はこちらからお送りください。

 感想リポート・ご質問投稿フォーム

●通常3営業日以内にご連絡いたしますが、内容によってはお時間をいただく場合がございます。
●ノウハウの中の秘匿性の高い内容などについては、販売者の意向により一部お応えいたしかねます。
●ご購入後の不具合、返品、返金などの連絡は当方では対応出来ません。販売者へ直接お願いいたします。
●ご記入いただいた個人情報は、米国シマンテック社のSSL技術で暗号化され、完全に安全に処理されます。

 

 

サイト登録宣伝無料AUL 無料相互リンク website-link.net バズリンク

  • SEOブログパーツ