人生を劇的に変えるための42日間は長いですか?短いですか?

 

 

【M.R.M】吃音(どもり)改善プログラム・・・

 

 

マニュアルに書かれているプログラムの内容に従って、
いくつかのエクササイズをきちんとこなしていくのが吃音を改善する条件になります。

 

プログラム自体には6週間(42日)という期間が設定されていますが、
この6週間という期間は、吃音・どもりを克服するための土台を作る期間といえます。

42

 

完全に吃音を改善するまでにはやはり個人差があって、
6週間を待たずしてほとんど吃音の症状が表れなくなる方もいれば、
半年くらいかけてゆっくり改善していく方もいるということです。

 

 

中村しょうさんは、こう言っています。

 

「吃音改善のための全ての基礎は、この6週間、42日以内に作られます。
基礎さえ作ってしまえば、あとは時間の問題で、もうほとんど解決したようなものです」

 

こう断言されていることで、
「42日間はしっかりとエクササイズをこなしていこう」という
やる気・モチベーションも上がってくるのですが、

 

中には「42日間も大変そう・・・」と感じた方もいらっしゃるかもしれませんよね。
6週間といえば、およそ1か月半に相当しますからね。

 

ただ、ちょっと考えてみましょう。

 

私たちが、なにか新しいスキル(技術)を手に入れるためには、必ず次のステップを踏む必要があります。

 

@ 知識を得る(インプット)
A 正しい訓練を行う(アウトプット)
B 経験や実践を積む(マスター)

 

考えてみれば、今あなたがしている仕事にしろ、パソコンの操作にしろ、車の運転にしろ、
必ずこのステップを踏んできたわけですよね。

 

ある心理学者によれば、この3つのステップに集中して取り組めば
どんな人でもほとんどの資格や検定といったスキルは、30日間で習得出来てしまうといいます。

 

それでも42日間が長いと感じた方は、こんな考え方をしてみてください。
これも心理学に基づいた方法です。

 

 

あなたは今、何歳ですか?
そして、あなたは今日までに何日間生きてきましたか?

 

何年間、ではなく「何日間」です。
簡単ですよね。
あなたの年齢に365を掛け算すればわかります。
(うるう年は?なんてツッコミは、ちょつと忘れてくださいね・笑)

 

電卓

電卓を用意するか、スマホの電卓機能を使うかして計算してみましょう。

 

仮にあなたが30歳だとすれば、
30年×365日で10,950日間生きてきた事になります。
1万日を超えているんですね。

 

そして、これから【M.R.M】吃音(どもり)改善プログラムで
吃音を克服するために必要とする期間は42日間です。

 

おかしな例えになりますが、10,000円あればそこそこのものが買えますが、
42円で何が買えるでしょうか。

 

これまでの何千日もの苦しみや悩みが42日の努力で解消されてしまうとしたら・・・

 

人生を劇的に変えるための42日間はをどう考えますか?

 

 

 

公式サイトはこちら⇒ 【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラム

 

 

 

 
 

 

特典セットの内容や特典のお受け取り方法はこちらでご確認下さい。

 

ご購入特典を確認する

 

 

お申し込みはこちらのボタンから公式サイトへ

 

【M.R.M】吃音(どもり)改善プログラムで6週間で吃音とお別れする