「どもり」の定義とは?「どもり」っていったい何?

 

 

吃音の悩み

【M.R.M】吃音(どもり)改善プログラムの第1ステップの目的を一口に言うと、
吃音(どもり)を正しく理解することです。

 

とにもかくにも、解決しようとする問題に対しての正しい理解がなければ、
問題を解決・克服することなど不可能ですよね。

 

これまであなたが疑問に思いながらも、
明確な答えを見つけることができなかった吃音の真の原因や正体・・・

 

吃音(どもり)とは一体何なのか?
身体障害なのか?
どういう現象なのか?仕組みは?
どうして自分は吃音者になってしまったのか?
自分の身に一体何が起こっているのか?
本当に克服可能なのか?可能ならば、一体どうやれば治るのか?

 

【M.R.M】吃音(どもり)改善プログラムでは、吃音に関する謎を全て紐解かれています。

 

あなたが吃音に関して、現在どれだけの知識があるかはわかりません。
でも、あなたの吃音(どもり)についての知識の土台が、
インターネットを検索して出てくる吃音関連のブログやホームページ、
専門家を名乗る人物が書いた書籍、またネットに複数存在する情報商材だとしたら、
まず全ての情報をリセットする必要があります。

 

これまで吃音(どもり)に関しては、とにかく間違った情報が多すぎました。

 

これらの情報は、あなたが吃音(どもり)を克服するにあたっては何のメリットにもなりません。
ただの害にしかならないかもしれません。

 

【M.R.M】吃音(どもり)改善プログラムによれば、吃音(どもり)は、
正しい認識と理解、そして正しい手法で取り組めばとてもシンプルに克服できる問題だというのです。

 

 

 

 

吃音(どもり)の定義

 

疑問

あなたは吃音(どもり)の定義を知っていますか?

 

ひょっとすると、言葉につまったり、言葉がなかなか出てこなかったりするので
「きっと私は吃音者なんだ」と何の疑いもなく信じているかもしれません。

 

正確な、あるいは本来の吃音(どもり)の定義を知らない方は意外に多いように思うのですが、
中村しょうさんは吃音の定義を明確にしています。

 

■吃音(どもり)の定義

 

まず「吃音」とは基本的に
「特定の言葉」が「特定の場面」で出てこない現象の事を指しているんですね。

 

そして、「吃音」と「どもり」は基本的に同じ意味で使われます。

 

「どもってしまう現象」のことを「吃音」と呼びます。

 

吃音の人も、全ての言葉が詰まって出てこないわけではなく、
「特定」の苦手な言葉というのが存在して、それは1人1人異なっています。

 

もし、「おはようございます」という言葉に、その人特有の苦手意識があったとします。
すると、会話の中で「おはようございます」と発しようとした瞬間に
マイナスイメージの負の感情が湧いてきて、
それを言おうとしてもすんなり「おはよう」が出てこないのですね。

 

「特定の場面」とは基本的に「人前」の事を指していますが、
そうした他人の前ではどもってしまって言えなかった言葉も、
自分一人だけでいる場所だと、何のストレスもなくスッと言えてしまうという、
とても不思議な症状を持っているのです。

 

 

公式サイトはこちら⇒ 【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラム

 

 

 

 

当サイトだけの限定特典

特典セットの内容や特典のお受け取り方法はこちらでご確認下さい。

 

ご購入特典を確認する

 

 

お申し込みはこちらのボタンから公式サイトへ

 

【M.R.M】吃音(どもり)改善プログラムで6週間で吃音とお別れする

 

 

 

「特典のお渡し」に関するご注意

 

【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラムは、公式販売サイトへ初めてアクセスした時から
7日間(168時間)以内に購入する場合のみ、大幅に値引きされた期間限定価格が設定されています。

 

決済システムの関係上、当サイトからの上記特典は
この「期間限定価格」でご購入の方だけにしかお渡しすることが出来ません。

 

7日間を過ぎますと、
価格が通常価格になるとともに、当サイトの特典もお渡しできなくなりますのでご注意下さい